「夜毎の指先/真昼の果て」

終野だいすき仙石寛子さんの五冊目のコミックス。
出たの去年でしたね。引越しのバタバタでどこにあるか分からなくなってたんですよね。
無事見つかってよかった。

楽園に連載されていた作品の単行本化。いや、めでたい!
私も途中まで読んでいました。

今回は「BLもの」「姉弟もの」「書き下ろし」と盛りだくさん。

真昼の果ては、BLで幼馴染で三角関係もの。
しかも、男→男←女の三角関係

2話と3話の律ちゃんの独白が切なかったなー。
「文貴は私を選ぶわ でもそれは 私が女、だからで」
「好きになってと言って 自分のものになってと言って 困らせているのは」

文貴の気持ちも、他2人の気持ちも分かるんですよね。
何にもなかったように続けていきたいっていうのと。
今までどおりじゃ嫌だから告白っていうのも。

ラストは、まあああなるより他なかっただろうなーと。
でも、文貴、実はあっちに心傾いてたんじゃなかと思うんですけどね。
あと一押しだったかも。

こういう恋って青春の1ページといってしまえばそれまでなんですが
なんかこうずーっと心に残るんですよね。
小さな恋の欠片をたくさん携えて、人は大人になるのかなーなんてね。

なんだかんだいって3人は仲良くやれるんでしょうか。やれないかな。
そこは分からない感じですね。

夜毎の指先は、姉弟もの。
寝ているところを姉にキスされて起きた弟の話(ざっくり)

今までで一番切ない姉弟ものかもしれません。
でも、不思議と読後感は悪くないんですよねー。希望があるからかしら。

作中、一個だけ個人的理由で苦しくなる部分がありましたね。

「…それでも 苦しい気がするのは 誰も知らないからだ
 姉が俺に何を言って 俺が姉に何をしたのか」

もうね、とても苦しくなったんですよ!
自分の恋愛、色々と思い出して!!!

誰も知らないまま終わる恋ってなんか寂しいですよね。
そこにあったことを当事者しかしらないってなんだかなって。

世界に二人だけとかなら、まあ仕方ないと思うんですけど、
これだけ人間がいて、二人が恋人なのを知っているのは二人だけみたいなのって。
恋愛漫画ならいいんですけどね。

あのシーン、超共感ポイントでした。
「言わないってことと言えないってことはやっぱり違うんだな」もグサッと刺さってある意味面白かったです。

そして、最後に書き下ろし。
この「どうせまた、朝が来るから」が素晴らしいんですよ!

社会人百合不倫!(超ネタバレ)
こういうのも大好物だぜ。

第三者からは出口がない迷路に見えて
当人同士は幸せそうなところがすごい良いです(語彙貧困)

まあ、夫は不幸かもしれないなー(笑)

そして、今回カバー裏がない!
いつもカバー裏の話楽しみにしてたんですけどねー。
出版社違うから仕方ないかなー。

今回、ブログを書くにあたって読み返してみたんですけど、
やっぱりスルメ感ありますね。
噛めば噛むほど美味しいっていうか。読めば読むほど楽しい。

そういえば、今まで大体一年に1冊ペースなので、きっとそろそろ新しいのが出るはずと思って
期待してサイトを覗いてみたら、pixivに過去作品があがっているそうです。
早速読みに行きましたよ!
いやーよかったですね。好きだなーと思います。

楽園のほうの連載もたまっているみたいですし、本当にそろそろ出るかも。
のんびりと次の単行本を待ちたいと思います!

「マダム・プティ 5」

今回も万里子はお転婆でしたね!
まあ、お転婆っていうレベルじゃなかったけど!

マダム・富貴子が予想外でした。
だいぶふくよかになって……。まあ、バターおいしいもんね。

マダムとエドワードのやり取りも面白かったです。
あの弟にして、この姉ありって感じ。

今回は馬! 万里子馬乗るの上手だなー。
どれだけ遠いからは分からないけど、馬具のついてない馬にしばらく乗っていられるのはだいぶ上級者だよね。
(って思ったら、あらすじに乗馬とくいって書いてありました!)

今回楽しかったのは、万里子を(撃って)しまって、あせってたニーラム(笑)
動揺した顔はなかなかレアなんじゃないでしょうか!

それからの同衾! 何度目だ!
しかも、今回は半裸だ!

ニーラムってがっちり体型だと思ってたけど、万里子との比較でそう見えるだけかしら。
万里子の横幅、ニーラムより二回りぐらい少ないし。単に万里子が小さいだけかも。

唇からまつげ、肩・手と順番に触っていくところはそこはかとなくエロかった。
高尾さんはこういう表現うまいよねー。

怖かったんだろうな。
自分の母のように死んでしまったかもしれないと思ったんだろうなー。
もっとやってほしい(笑)

ニーラムをからかう万里子もキュート。
何でも持ってくるよって言われてお話してってねだるところも謙虚かわいい。

お兄さんとの話はいろいろ考えさせられます。
いまどれだけ悪人でも、いい時間はあったんだろうね。

それのせいで悲しいし、怒りや憎しみも湧き上がって。
ニーラムはもうそういうこと考えないで、万里子と面白おかしく暮らせばいいのになー。
センチメンタルですよね、彼は。

続きが気になる終わり方でしたね。
いままで大体半年に1冊ペースだったから、次は7・8月?

夏まで待てない! けど、別冊まで買っている余裕はない!
おとなしく単行本化を待つとします。

楽なんて嘘だよ、おせち料理!

去る12月31日。
おせちをつくろうかなと思ったのが運の尽き。

おせち料理は一人で作るものではなかったのだ orz

参考にしたレシピは↑。
タイムスケジュールとお買い物リストが載ってて便利でした。

この中のもので私が作ったのは、

1.数の子
2.黒豆
3.田作り
4.栗きんとん
5.紅白なます
6.たたきごぼう
7.煮しめ

の計7品。

特に大変だったのが、黒豆と栗きんとん。
黒豆はとにかく時間がかかった(5時間)のと、栗きんとんはさつまいもの裏ごしが大変でした。

他の5品は大した手間はかからずできました。
でも、14時にスタートして、フィニッシュは23時。たったの7品なのに計9時間の重労働。

まぁ、アニメ見ながら、休憩取りながらだったので仕方ないのかも。
おせちを作りつつ、PSYCHO-PASSをひとり見る女。他人だったらすごい不気味だ。

そうして、完成した7品は以下。
伊達巻とかまぼこは既製品です。





煮しめはそのまま冷蔵庫に入れられるようにタッパに。
野菜の飾り切りは大変だったので省略しました。
お花型の型抜きとかあったらよかったですね。

あと、上の本読んでて思ったんですが、レシピ集って時間と材料は載ってても、調理器具って載せないんですね。
必要な鍋の量とか、あったら楽な調理器具とか、情報として掲載したほうがいいと思うんですけどねー。

ということで、今回7品作ったときに使った調理器具を列挙しようと思います。
来年作ろうと決意した方とかの参考になればいいなー。


・深い鍋(パスタが茹でられるくらい。煮しめ用)
・片手鍋(茹でたり、漬け汁をつくったりする。数の子、栗きんとん、たたきごぼう用)
・フライパン(片手鍋でも代用可能。田作り用)
・中華鍋(黒豆を炊くときに使用。鉄材や古釘を用意しなくても黒豆に色が残ります)
・菜ばし
・おたま
・計量カップ
・大さじ、小さじ
・包丁、まな板
・オーブン用シート(落としぶた、田作り用)
・スプーン
・ボール、ざる
・大量のタッパ


以上です。
いやーこれだけの調理器具で、私頑張ったんじゃなかろうか。
色々なくて困りましたが、何とかなった。

でも、これがあったほうが便利だなーと思った調理器具があるのでそれも列挙。
だいぶ時短になると思います。

・フードプロセッサー(栗きんとん用。さつまいもの裏ごしをしなくてすむ。伊達巻用にも)
・スライサー(紅白なます用。包丁で千切りすると時間がかかるし、細くするにも限界があるので)
・あくとり(黒豆、煮しめ用。なくても大丈夫だけどあると便利)

以上です。
なくてもどうにかなったけど、あったらおせちだけじゃなく料理の幅が広がりそう。

他にも、お雑煮。



鶏がら+ほうれん草+鶏肉+なると+お餅。ご飯も入れるのが実家の味。


ほぼ食べきってるけどおそば。



今回出汁を自分でとったので、おいしさもひとしおだった。


そして、鏡開きのおしるこ!



ゆであずき缶で作ったんですけど甘すぎた。
横着しないで豆から作ればよかったです。

これで正月料理も終わり。
とりあえず創作欲的なものは収まったので、来年はおせち買ってみたいなと思います。

以下は今回おせちにかかったお金の話。
手作りはお金がかかるぜー。ちょっと下世話。
Continue Reading

2015年!

新年あけましておめでとうございます。
昨年は本当いろいろありましたが、どうにか新しい年を迎えることが出来てよかったです。

2015年のおみくじは大吉でした。久々の大吉!
「願望」は、おもう通りになる 早くて吉でしたね。
さっさと叶えろ。努力しろってことなんでしょうか。ぐぬぬ。

昨年は一年の四分の一だけ働いていたんですが、それがすごい慌ただしくてですね。
家にいられる時間が少なくて困っております。
忙しく働いているのが性に合っているとはいえ、もうすこしゆっくりしたい。

さて、それはいいとして、昨年の目標は「愛しい躯の完結」でした。
というのを私はあと何年言い続ければいいのか!
3回目ですよ、この文言言うの。いい加減学習しろって感じですね。

2014年はいつにもまして書けなかった年だなと思います。
愛しい躯を2つと誘惑カムフラージュの完結。
「秋の菖蒲」に至っては手すらつけてないってどういうことなのか。
サボりすぎですね、自分。

とはいえ、やっぱり「愛しい躯」を完結させなければ新しい何かに取り組むのも難しい。
今年の目標も「愛しい躯の完結」です!
残り14個。頑張れば終わりそうですが、どうなるやら。

休日の時間の使い方をもう少し工夫しなきゃですね。
働きながら同人活動やってる人ってどうしてるんだろう。
睡眠削るしかないのか。うーん。

話変わって、プライベートの目標は、収入アップと読書です。
これも従来と変えずにいきたいと思います。

あと、もう少し持ち物の整理をしたいですね。
必要なものといまはもう必要ないものを分けて、本当に大事なものを大切にする生活がしたいです。

今年はもうすこし暇になるといいなー。
仕事があるのはいいことだが、それで体を壊したくない。

2015年も相変わらず不定期更新になりそうですが、気が向いたときにでも遊びに来てくだされば幸いです。
では、本年もよろしくお願いいたします。

2014年プレイレコード

2014年のプレイレコード(遊びの記録)です。

今年は引越しと転職をしたからか数は少なめ。
量より質かなとか思ったり。

一年の〆に!

◆漫画

「マダム・プティ」 3 4
「一番星のそばで」
「マギ」 20 21 22
「宝石の国」 2 3
「竜の学校は山の上」
「桜姫華伝」1〜12
「姉の結婚」 7 8
「母がしんどい」
「夜毎の指先/真昼の果て」
「裸足のキメラ」
「シャーリー」
「乙女ケーキ」
「Bread&Butter」 1
「♂♀生き残りゲーム」 1
「Vespa」


「姉の結婚」はやっと完結しましたね。
私は終わり方に思うことはあれど、ヨリが幸せそうなのでよかったなと思った派です。
「娚の一生」のときもああいう終わり方でしたし。読者が慣れるしかない。

「裸足のキメラ」はあまりオススメしませんね。
というのも、女性で少しでも男性嫌悪を持っている方が読むと病状が進行するからです(笑)
この方の「月と泥」も読みたいんだけど、これ以上悪化したらどうしようと思っておりまして躊躇中。

「♂♀生き残りゲーム」は早く続きが読みたいです。
ひと月の漫画代を決めて漫画購入してるから、今月はこれ以上買えず。
来月には買える。電書ならあと1時間チョイ。


----

◆小説

「花神遊戯伝 ひとひら恋せ、胡蝶の月」
「花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪」
「花神遊戯伝 ちとせに遊べ、この花世界」
「六の宮の姫君」
「ハリーポッターと死の秘宝」 (上)(下)
「ムシウタ」 14
「F 黎明の乙女と終焉の騎士」
「F 茨の刻と青の地図」
「邂逅の森」
「ピグマリオン」(15.02.01 追記)


「花神遊戯伝」完結しましたね。
「ムシウタ」も完結しましたし、今年はそういう意味でよい年でした。
心残りが一つ減ったわ!って気分です。

ハリーポッターは終わるのが悲しくて読んでなかったんですけど、もっと早く読んでればよかった!
ロンとハーマーイオニーがくっついたのが謎だったなー。


----

◆映画

「悪の教典」
「ワイルド・スピード ユーロ・ミッション」
「ワンピース フィルムZ」
「アナと雪の女王」
「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」
「ヴィオレッタ」
「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」
「マレフィセント」
「トランスフォーマー ロストエイジ」
「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」
「インターステラー」
「ベイマックス」


後半はロボット映画ばかり見てましたね。

今年のディズニーは楽しかったなー。
「アナと雪の女王」は記事にしたからいいとして、「ベイマックス」も何か語りたいのでもうちょっと経ったら記事にするかも。
来年の「シンデレラ」も期待しています!


----

◆アニメ

「創聖のアクエリオン」
「キルラキル」
「鬼灯の冷徹」
「黒子のバスケ」
「蟲師 続章」
「マギ」
「トリコ」
「神々の遊戯」
「月刊少女 野崎くん」
「HUNTER×HUNTER」
「東京喰種」
「黒執事 Book of Circus」
「鋼の錬金術師」
「夏目友人帳」
「Psycho-pass 2」
「暁のヨナ」
「ワンピース」


去年に比べると劣るけど、今年もアニメの年だったんじゃないかと思えるくらい見てますね。

「蟲師」が良かったなー。ブルーレイほしくなるくらい。
あと「月刊少女 野崎くん」ですね。大穴だった。


----

◆展覧会

「星を賣る店」
「バルテュス展」
「ジャック・カロ―リアリズムと奇想の劇場」
「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」


「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」は、サソリとか蛇とか色々見られて楽しかったですね。
会場が狭くてゆっくり見られなかったのが心残りです。


----

◆本

「母と娘はなぜこじれるのか」
「春画を読む 恋のむつごと四十八手」
「ぼくのおやつ ~おうちにあるもので作れるパンとお菓子56レシピ~」
「マタギ 矛盾なき労働と食文化」
「テヘランでロリータを読む」
「TOKYO STYLE」
「はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるコツがわかる本」
「12月31日でも間に合う簡単おせち」


趣味がばれますね。
料理本を加えるか悩みましたが、まあ読んだ本ってことで。

積読を解消しようと思いましたが、平行に何冊も読んでいたため、今年中には読み終わらず。
ひとつひとつ片付けていくのが得策だなーと思いました。当たり前ですね。


これで、プレイリストは終わりです。

あ、雑誌は「花とゆめ」を読んでいます。
書き忘れた。

相変わらず読書量が足りない気がするので、どうにか読む時間を確保したいですね。
もっと早く仕事から帰れたら読めるだろうか。

あと、去年も言ってましたがゲームがしたいですね。
ちゃんと面白い奴。アクション系の。

来年は積ん読崩すぞーと出来もしないことを言っておきます。

ではでは、良いお年を。