たまには本じゃないものの紹介をしましょうか。

奥華子 『あなたに好きと言われたい』

奥華子さんはシンガーソングライターさんです。
そうですね。有名なのは「時をかける少女」の挿入歌と主題歌。
「変わらないもの」と「ガーネット」が結構ポピュラーなのかな。
でも、あんまり知られていませんね。

そういえば、ずっと前の「泣き歌」で「笑って笑って」が紹介されてましたね。
その回は見てなかったのですが、あの歌は本当いい歌。

終野は奥華子さんが好きです。
書く歌詞が等身大というか、共感しやすいので好きです。
涙をほろりと誘う歌が多くて、昔、失恋したときによく聴いてました。

「楔」も好きだなー。もちろん失恋ソングです。

『抱き寄せて 私の胸に 子供のような貴方の髪を撫でたい
 もう横で笑う事も もう横で眠る事も もう名前呼ぶ事さえ出来なくなるの』

終野は、「楔」が一番お気に入りです。

脱線してましたね(笑)
今回紹介する『あなたに好きと言われたい』は、叶わない恋のうたです。
歌詞も共感できる部分が多くて良かったです。

『追いかけて追いかけても あなたの背中の端も見えない
 ひとつだけ願えるのなら あなたに好きと言われたい』

『会えなくなるくらいなら自分の心に嘘をつくの
 ずっと傍にいたい 恋人じゃなくても』

これを、奥華子さんの歌声で歌われたら、もうお手上げ。泣かずにはいられない。
破壊力の高い歌だなーと思います(もちろん良い意味で)

素敵な歌詞なので、格納した上で反転しておきますね。
耳コピで書いたので、間違っているかもしれませんがあしからず。
本当はやらないほうがいいんでしょうね(著作権上の問題で)

ラストは今回特にお気に入りの部分を。

『会いたい ただそれだけであたしを動かしているんです』

「あなたに好きといわれたい」

追いかけて追いかけてもあなたの背中の端も見えない
ひとつだけ願えるのならあなたに好きと言われたい

いつか笑って言ってくれたね あたしにはどんなことでも話せると
それがどれだけ残酷かをあなたは知るはずもないでしょう

会えなくなるくらいなら自分の心に嘘をつくの
ずっと傍にいたい 恋人じゃなくても

追いかけて追いかけてもあなたの背中の端も見えない
一度だけ嘘でもいいからあなたに好きと言われたい

もしもあの子になれるのならやっぱりあたしはそれを選ぶでしょう
人は守りたいものだけに本当の嘘をつけるのかな

夜中の電話 急にごめんねといつもの声であなたはずるいね
傍にいられないなら優しくしないで

もう二度と戻れないならあなたを抱きしめられないなら
この声もこの身体もあのとき捨てればよかった

会いたい ただそれだけであたしを動かしているんです
会えない ただそのことが全ての心を惑わしてゆくのでしょう

追いかけて追いかけてもあなたの背中の端も見えない
もう二度とあなたの声であたしを呼ばなくてもいいから
ひとつだけ願えるのならあなたに好きと言われたい