待望の書籍化!
いやー、webで読んだときからマジ惚れで、作者さんのシリーズの中で一番好きですね。

彩雲国が完結してからすっかり離れてたラノベ界に出戻る羽目になりました。
恐ろしいぜ、ビーンズ文庫。

前にも書いたんですけど、リュイの病み具合が好きでして。
まだ2巻までしか出てないですけど、本番はこれからですからね!

1巻の「一人にするくらいなら殺して欲しい」とかやばいよ、超萌えるー。

WEB版でも思ったけど、響を責めてるときのリュイって何かイキイキしている気がしている。
浮気をとがめる嫉妬深い女みたいな(笑)

眠ってたらリュイが戦っていて、響が「一人で行かないで」って言うシーンも好きです。
リュイの反応が。
ひとりじゃない、心配してくれる人がいる嬉しさを噛みしめてるんでしょうね。

あと、あの虫のシーン。
普通にキスだと思って応えたんだけど、それが治療行為だったっていう。
リュイの気持ちを考えたら涙を禁じえないあの場面、すごい好き。

2巻の「あなたの苦痛は、私のものだからです」もときめきが爆発する。

個人的にいいなと思うのは
「もう他の安息は必要がない。私はきっと、あなたに対して従順でいます」って台詞ですね。
二十も後半の大の男が十代の女の子に依存するって! 萌えないわけが無いだろ!

リュイのことは好きなんですけど、私はオーリーン派です。
ビジュアルがついたことによってさらに好きになりましたね。
もっと大男でもいい。というか、筋肉ムキムキを想像してた。トリコみたいな。

加筆されてるところも良かったなー。
個人的にはリュイの病み具合を加筆してほしいですけど、ビーンズ読者層的にはヤンデレはあんまり要らない感じ?

カットされてるところとかもよく読めばありましたね。
web版残して欲しいなー。他のも残ってるから大丈夫かなー。

年内に「F」の新刊はなさそうですが、
「花神遊戯伝」の最終巻が出るらしいので、そちらも読もうと思います。

次巻は私の好きなシーンが出てくると思うので、期待大です。
それまでは、WEB版を読み返そうかなー。

するめのごとく何度もかみ締めるのが楽しい「F」、続きが楽しみです。