風雪狂

何かを作らずにはいられない人生。
< 05 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
AMAZON | ENTRY | COMMENT | TB | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | OTHERS |
「マダム・プティ 4」
今回も面白かったけど、少し失速気味?
3巻の終わり方を考えると、そう簡単に抜け出せないのかなと思ったら、結構あっさり二人とも助かりましたね。

そしてまた、万里子は人に拾われる。
更なるトラブルの予感と思ったら、まさにその通りでしたね!

車から降ろされて呆然とするニーラムはちょっと間抜けでユニーク。
お世話されて照れてる万里子は可愛かったなー。

怖い目にあってニーラムに抱きついちゃう万里子。
ニーラムからは抱きしめ返してはないけど、予想外で嬉しかったんじゃないかな。

二人とも危険な目にあってばかりだったし、売春系と勘違いしたんでしょうね。
まあ、実際その状況になったら誰でも勘違いするか。

新キャラ、リディ・マラルメはまたアクの強い人でしたね。
「愛されていたんだねぇ…… 犬のように」はきっついなーと思いました。

そこからのアレ。
シリアスをぶち壊すメイド服。やばかった。

何故許せるのか聞かれて、犬だからかしらと自問する万里子はちょっと切なかったなー。

それにしても、幽霊が苦手だなんて、意外も意外。
インドにもお化けって概念があるんだなー。びっくり。

ニーラムってかなり抱きつき魔ですよね。
欧米とはいえ、既婚者に対する態度にはみえない。

犬だと思っていたんでしょうね。
都合のよく利用できる可愛い犬だと思ってたけど、実際には違ったのでしょう。

「あなたにとっても毛色の珍しい犬なんでしょうし」と自嘲する万里子に「今は」と答えようとしたニーラム。
言えなかった言葉の続き、気になります。

19話はとっても良かった!

「いい。あなた、私のかみさまじゃないもの」はニーラムにはちくりと刺さったでしょうね。
王子様って普段頼まれ事ばかりされてると思うんですけど、万里子はそういう風にニーラムを利用しないから。
自分は万里子を利用してて、少しくらい罪悪感とかが沸いたからこその「面倒な女だ」っていう台詞だと思うんですよねー。

凶暴な気持ちになるのは、汚れなき者への嫉妬とか、思い通りにならないことへのイラつきとかですかね。
支配欲とか嗜虐欲とかそういうものなのかなー。

あのとき、キスしたんですかね。
万里子の反応を考えると、きっとそういう破廉恥なことをしたんでしょう。
もっとだ! 俊さまのことを忘れてしまうような熱いベーゼを!と思ってしまう(古い)

「その死をもって かつての愛した兄を取り戻せよう」って大分イってしまってる考え方ですよね。
「母を失った時 優しかった兄も死んだのだ」は理解できますけど。

私も人間を人間たらしめるものは『知識』と『理性』だと思っているので、ニーラムの気持ちがよくわかる。
それがない者はただの獣だから殺していいという理屈も一見筋が通ってるように思える。

でも、それをやってしまうと自分もただの獣になってしまうんだよなー。
ニーラム気づいて!

「甘いんだわ。叶えてあげる 私の手で」で万里子さまーってなった。
万里子はニーラムを止めることができるのか!
これからまた一波乱ありそうだ。

それはさておき、今回の帯、ネタバレすぎる。



1巻から読む人のこと何も考えてないこの感じ、すごいですね!
まあ、白泉社だしな。仕方ない。

予告の「万里子が側にいることが怖ろしかったのか…?」を見て、私のボルテージがぐぐーんと上がりましたよ。
5巻は来年ですって。もう待ちきれない!
21:25 | 漫画・小説 | - | - | author : 終野真冬
<< NEW | TOP | OLD >>