「バルテュス展」「ジャック・カロ リアリズムと奇想の劇場」行って来ました。

一日で両方見たんですけど、足が辛かったですね。
「バルテュス展」は地下一階、地上二階をくるくる回るのでハイヒールはおススメしません。

まずは「バルテュス展」



「眠る少女」はよかったなー。服着てるときの絵の方がエロスを感じる気がする。
あと、〜のための習作って書かれている作品の方が色を塗ったのよりもエッチだった気がします。
モデルがいて、それをみて描いた絵だからなんでしょうかね。自分でもよく分からない。

少女の絵よりも「窓、クール・ド・ロアン」とかが好きです。
個人的にぜひともおススメしたいのが「伊勢海老」の絵。なんだかとてもリアルで食べたくなりました。

バルテュスって、すごい絵が上手な画家ってわけじゃないと思うんですよね。
でも、一枚一枚訴えかけてくるものがある気がします。

そうそう、会場にあったアトリエの再現も良かったです。





つぎに「ジャック・カロ リアリズムと奇想の劇場」



あの細かさで版画だというのだから恐ろしい。細部をみるなら虫眼鏡は必須です(会場にありました)

連作<キリスト・マリア・使徒立像>と連作<乞食>は大きさとか手法は一緒なのに、受ける印象が違いました。
何でしょう、神に愛されたものと愛されないものとの違いといいますか。世は理不尽だなと。

連作<戦争の悲惨(大)>は(語弊はあるかもしれないけど)よかったですね。
タイトルそのものが版画から伝わってきて、なんともいえない気分になりました。

この二人だったら、私はジャック・カロが好きかな。
版画が好きだというのもありますが、何より作風がジャックの方が好み。

「ジャック・カロ」同時開催の「非日常からの呼び声」で、思いがけずヴィルヘルム・ハンマースホイが見れたのもよかったです。
(ずっと前に見逃したのです)

両方とも見て楽しい展覧会でした。
まだ会期中ですので、良かったら見てみてくださいねー。