花とゆめONLINEで第1話が掲載されていて、それで興味を持ったので購入。

少女漫画と見せかけてサスペンスものだから面白い。
高尾さんの漫画は必ず一癖あるよね。一緒に寝ようよとかもそうだったし。

舞台はオリエント急行。
巴里への新婚旅行中、夫が殺されてしまった万里子が主人公。
ヒーロー枠は、誰なんだろう。ニーラム?

ニーラムは今のところマリをからかって遊んでいるように見える。
愛情はあってもペットに向ける愛情風?
1920年代末ってことは、インドでは女性の権利なんて毛ほどもなかっただろうし、
物みたいな扱いも普通に見えるなー。

でも、すごいよね。夫なくして日が経ってない未亡人を口説くとか。
二人とも常識はずれだから、ある意味お似合いかもしれない。

1話の万里子は、あらゆることに機転の利くタイプに見えるなー。
万里子は賢いよね。没落(?)とはいえ良家の子女としての思慮深さが身についている感じ。

「失くしたものを 失くすものを 指折り数えるのは嫌いなんです」って台詞好き。
16歳の女の子が言えるような言葉ではない。抱えたものが重いのは万里子も同じに見えるなー。

でも、4話はちゃんと年相応だった。
泣いてるときは少女らしかった。「生きてた」って笑ったときの万里子、切ない。

これからの展開、全く予測がつかない。
ニーラムとくっつくのか、はたまた俊となのか。
それにしても30歳差ってやべー。

「マダム・プティ」第2巻は5/20発売!
第1話は花とゆめONLINEで読めます。早く続きー。
5月は漫画が豊作。楽しみです。