風雪狂

何かを作らずにはいられない人生。
< 12 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
AMAZON | ENTRY | COMMENT | TB | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | OTHERS |
ゲームマーケット2013春に行って来ました!
当日の真夜中十二時半に誘われて迷ったあげく行って来ました。
結果的にはとても楽しめたので行ってよかったと思います。

で、戦利品はこれ。



鍋野企画「王さまとカフェ」1500円
B2FGames LLC.「ビックチーズ」3000円

もっと色々欲しかったんですが、私の行った時点(10時半〜)で売り切れのものもあり断念。
単純に軍資金不足というのもあったのですが、これくらいでよかったのかも。

どちらのゲームも家族で遊んでみました。

終野(運ゲーに弱い。策略系は得意)
妹 (策略系に弱い。運ゲーも得意ではない)
母 (ゲーム全般強い。我が家一)
父 (ゲーム苦手。マリオ四人プレイで一番先に死ぬ)

というメンバーです。

鍋野企画「王さまとカフェ」は、王様の注文に店長になって応えていくゲーム。
2〜4人、10〜20分、対象年齢はおとなからこどもまで。



店長は材料カードを、王様は注文カードを持って、ゲーム開始。
手札のいらないカードを場にだし、山札から捨てた枚数だけ引きます。
王様の出した注文カードに書いてある材料をいち早く揃えた店長が注文カードをゲット。
これを7回繰り返して、持っている注文カードの合計金額が高い人が勝ちです。

これは、私と妹と母の3人でプレイしました。(父は映画鑑賞中で不参加)
終野が王様、他二人は店長だったのですが、このゲーム反射神経が命です。

自分の手札(常時7枚)に何があるかを把握していないと、
王様が出したカードに書いてある材料をすばやく場に出せない。

初級ルールだと、王様の手持ちカードを10秒だけ開示するのですが、
中級ルールは開示なしで行うのでカードをバランスよく持ってないと詰みます。

最初のゲームではカードがいまいち切れてなかったのか、
母と妹のカードに牛乳とたまごしかなくて、爆笑してましたね。
小麦粉が全然出なくて途中カードを切りなおしました。

初級ルールの時は、母の勝ち。
中級ルールの時は、(優しく譲ってもらって)妹の勝ちでした。

罰金カードは使いませんでしたね。
いまいち使い方が分からなかった。お手付きとかもなかったし。

2人からできると書いてありますが、人数が多いほうが面白いかもしれない。
4人までらしいけど、メニューは4つあるし、王様はメニューなくても大丈夫そうだから5人でもできると思います。



デザインも可愛いですし、ルールも比較的簡単。
こどもからおとなまで遊べるよいゲームだと思います。

* * *

B2FGames LLC.「ビックチーズ」は、重役になってプロジェクトに社員を派遣するゲームです。
3〜6人、20分、10歳以上対象です。



得点トラックを並べ、0のところにお仕事ネズミ(社員)を置いて、ゲームスタート。
山札から仕事カードを一枚とり、その仕事を競りにかけます。
順番に自分がネズミ(全部で10匹)を何匹派遣できるか提示していきます。



この状態だと、他の誰かがネズミを追加しない限り、白の人が落札することになります。
落札できたら自分の手元にカードを持ってきて、そのままネズミを上に置きます。

そして、落札した人が山札から仕事カードを引き、また競りをします。
これの繰り返し。



誰かが落札するごとに、前落札した仕事から、一匹ずつネズミが手元に帰ってきます。
お仕事ネズミが全部手元に帰ってきたら、左上の数字と同じダイスを振って、
出た目だけ得点トラックのネズミを先に進めます。
一番最初に40点稼いだ人が勝ちです。

このゲームは、思った以上に面白かったですね。
1度目より2度目の方が面白かった。

3回プレイして、終野が2回、母が1回勝利しました。
妹は拗ねてましたね。

私は左上の数字が小さい仕事に少人数派遣してちまちま進むタイプですが、
妹は数の大きい仕事に大人数派遣して、手駒がないってことがよくありました。
母は堅実に進むタイプ。性格がよくでますね。

20面ダイスで20が案外出る。
3ゲームしてて、みんなのトータル2〜3回でてた気がします。

でも、これは戦略と運が半々くらいで大事なゲームなので、
さいころ運の悪い終野はちょっと大変だった。

最初は分からなかったんですが、
途中から沢山プロジェクトを抱えたほうが早く進むってことを学習しました。
あと、誰かが落札しようとしているところに高レートにかけると相手の自爆が誘えて楽しかった。
20の仕事に8匹かけるより、12の仕事×2つに4匹ずつかけたほうが早く帰ってくるんですよねー。

ゲームはバランスが大事だなーと思った次第です。

説明書は少し分かりにくかったかも。
「説明書読んでも分からないから、とりあえずやってみるかー」とはじめたので。
あと、対象年齢10歳以上には疑問だった。もっと上ではないか? 私らが馬鹿なのかしらね。

ゲーム自体は完成されているし、パッケージも素敵なのに、ちょっともったいない。
チーズ缶のフォルムが可愛いので、購入してよかったなと思います。

他のメンバーが買ったゲームもプレイしましたが、「GANGSTER PARADAISE」は面白かったです。
拡張デッキを入れたほうが盛り上がった。
「CARD OF THE DEAD」はあともう一歩で勝てそうだったのに負けたのが悔しくてすごい覚えてる。

あーこういうのに参加すると自分でもゲーム作りたくなりますね。
アナログゲームは色々考えるだけでも楽しいので、そのうち誰かと作れたらな、なんて。

アナログですが同人ゲームとの出会いは一期一会。
今回行ってよかった!
秋も余裕があれば行ってみたいなーと思います。
01:35 | お気に入り | - | - | author : 終野真冬
少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録
楽しかったです。
でも、テレビ版より一層訳分からないものになっていた気がしますね(笑)
そこがこのアニメのいいところなんでしょうけど。

話自体は、要約すると世界の果てから逃げるって感じですね。
転校生のウテナが指輪を拾って(受け取って)、戦いに巻き込まれていく。
ここまでは大体同じだけど、ラストが違う。
救いがあってよかったと思います。

他には、くるくるウテナと直毛アンシーが違和感があったかな。
好きだったので逆だとうーんって感じ。
兄ちゃんの声もテレビ版のセクシーボイスに慣れてるとギャグっぽかった。
まぁ、ミッチーだから仕方ないよね。

映画の樹璃も男前でしたね、えぇ。
そしてあの最低女の凶悪っぷりもパワーアップしてましたね。
どうしてそんな女に構うのって感じ。
幹は梢ちゃんと仲良くできてるみたいだから、映画版のほうが幸せかも。

この映画の中で、最初の見せ場は多分ウテナとアンシーの薔薇園でのダンスでしょうね。
どちらが水面なのかわからなくなる演出とてもよかったです。

でも、終野的には冬芽のシーンを一番としたいです。
ウテナが思い出したと思ったら、あんな別れ。

冬芽とガラス越しのチューをするところは、ボロボロ泣きそうでしたね。
ウテナの気持ちが伝わってくるだけにつらい。冬芽死ぬなーと。
まぁ、ウテナと冬芽の恋愛がメインの話じゃないんで仕方ないですね orz

あとは、全体的にエロかった。
ウテナのファスナーを下ろすところの音が今も耳を離れない(笑)
剣を引き抜くときにキスをしなきゃいけないのもよかったと思います。

写生のときの全裸もよかったなー。ウテナが照れててとっても楽しかった(*´▽`)
アンシーのためらいのなさもエロさを引きだしておりました。

最後のSFっぽいところもちんぷんかんぷんでよかったですね(褒め言葉)
このアニメのいいところは沢山ありますけど、一番は全てを説明しないところですね。
昨今の設定厨の作った『俺の作ったこの設定すごいだろー』アニメを見てると物足りないやもしれません。

でも、あとは想像でお任せしますっていう投げやり(褒め言葉)なアニメのほうが長く愛されるんじゃないかと。
ファンが勝手に妄想して続きを考えられるっていうのはいいと思うな。

残念な点をひとつ上げるとしたら、ウテナの決闘が少なめだったところ。
終野はウテナ大好きなのでもう一回くらい決闘シーンがほしかった。
その代わり、アンシーにスポットが当てられたのかもしれないけど。

ラストのウテナの台詞がいいですね。
『僕らが進めばそれだけ世界が広がる。きっと』

やっと二人世界を革命できて、なおかつ一緒にいられる。
百合っぽいけど百合だけではない。本当に良い作品でした。
01:27 | お気に入り | - | - | author : 終野真冬
少女革命ウテナ

(ネタバレ過多です、見てない方ご注意を)

楽しかったです。
えぇ、とても考えさせられましたとも。

放送は1997年らしいですけど、私その頃テレビ東京入らないど田舎に住んでたので見れませんでした。
やっと見れてよかった。本当にいい作品だと思います。
ラストに救いがないのが残念ですけど。

アンシーのシーンはよかったんだけど、ウテナが救われてないよね。
結局お姫様を助けられなかったわ、大体の人に忘れられるわ、ウテナ可哀相。
キャラの中でウテナが一番好きなだけに悲しいです。

若葉と冬芽が忘れてることにショックを受けたかな。お前らの愛はその程度かって。
アンシーが剣を刺したところもショックだった。レイピアとはいえ、痛い痛い。
あ、最終回のことしか語ってない。

まぁ、それ以前は冬芽の脱ぎっぷりにいちいち笑わされましたね。
子安の声だからユリウス(ハートの国のアリス)にしか聞こえなくて、ユリウスのイメージがガラガラ崩壊。
ユリウスはこんな破廉恥な子じゃないもん。

破廉恥といえば、変態お兄様はひどかったですね。
声は好きですけど、お前中学生に手を出すなよと何度ディスプレイに向けて突っ込んだか。

あと、何故ボンネットに乗るのか最後まで理解できなかったのは私だけではないはず。
かっこつけてるつもりなんだろうか。かっこ悪いのに。

ウテナがこやつにいいように扱われているときに、逃げてウテナ超逃げてーと何度思ったやら。
でも、中学生くらいだとああいう大人の男性に引っかかるものなのかもしれない。
子供から見て大人の男なんて大体悪い男に決まってるのにねー。声はいい男だけどね。

他の好きキャラは樹璃と幹。
樹璃の男前度にお姉さまと言いたかったのは私だけでは(以下略)
それだけに、どうしてそんな奴好きなのよと思ったのは私だけでは(以下略)

瑠果さんとくっつけば幸せになれたかもしれないのになー。
あーでも彼は彼で樹璃を置いていってしまうのか。それは残酷だな。

幹は若いですよね。
まぁ、仕方ないか。13歳だもんね。びっくりだけど。
初見のときは、妹と禁断の恋でもしているのかと思ったけどそんなことなかったですね。
っていうか、このアニメ禁断の恋のバーゲンになってるからこれ以上いらないかな。

うーん、世間で言われてるほど百合じゃなかったですね。
ウテナとアンシー自体に肉体的からみがあるわけでもないですし。
手をつなぐ程度なら年頃の女の子同士なら普通にするんじゃないかと。

精神的にもちょっと百合程度。
アンシーの感情表現が希薄すぎるゆえだと思いますです。
最終回でちゃんとウテナのこと想ってるって分かるって何なのー。
ギャグ回もいいけど、もうちょっとアンシーの感情をかいてほしかったかもしれません。

これは劇場版もちゃんと見ないとなー。
劇場版では救いがあることを祈って、TSUTAYAにでも借りにいくとします。
01:50 | お気に入り | - | - | author : 終野真冬
可愛い女の子は萌えるよね!
最近の作業曲はPerfumeの『GAME』というアルバムです。
終野は、「マカロニ」「シークレットシークレット」「Puppy love」が好きです。

『名前を呼び合うときに 少しだけ照れるくらい
 そんな空気もいいよね やわらかいよね』

『本当のキミを知りたいの
 キラキラで目が眩むけど
 斜めから恋をしてる
 その秘密を解いて
 足りないよ キミを 知りたいの』

『絶対的な信頼と 対照的な行動
 絶望的な運命が ある日恋に変わる
 一方的な表現の ツンデレーション キミが
 好き 分かりにくいね puppy love』

歌詞はたまに首を傾げるものもあるけど、何よりリズムが独特でいいですよね。
あと、やっぱりピコピコ感が好きだなぁー。

一般的に知られてる「ポリリズム」「Baby cruising love」も好きだけど。
終野は「チョコレート・ディスコ」が好きかなー。

『お願い 想いが届くようにね
 とっても 心こめた甘いの
 お願い 想いが届くといいな
 対決の日が来た』

バレンタインの話なんでしょうけど、終野も今年こんな気分でした♪
この前行ったカラオケで、これと「シークレットシークレット」を歌いました。
実は結構難しい。声が高くないと無理なのです。
終野は、歌声が高いほうではないので辛かった(笑)

いつかはちゃんと歌えるようになりたいなぁ。
02:10 | お気に入り | comments(0) | trackbacks(0) | author : 終野真冬
私もルカさまをお家に呼びたい!
最近の作業用曲。



相変わらずクオリティの高い曲ばかりのNoModeさん。
リピートでずっと聞いていても飽きないなんて素敵です。

好きなのは1番なんですけど、2番の『秘密があることなんて きっと君は知らないのね』も好き。
サビが特にいいと思いますですよー。
『せつなさだけが二人のリアル』が本当にリアルで好きです。

確かにこれが遠距離恋愛の曲だとは気づかないかもなー。
終野的には、これは二股の歌に聞こえる。もしくは不倫の歌。
あはは、ドロドロだぁ(空笑い)
16:54 | お気に入り | comments(0) | trackbacks(0) | author : 終野真冬
その歌詞が好き
たまには本じゃないものの紹介をしましょうか。

奥華子 『あなたに好きと言われたい』

奥華子さんはシンガーソングライターさんです。
そうですね。有名なのは「時をかける少女」の挿入歌と主題歌。
「変わらないもの」と「ガーネット」が結構ポピュラーなのかな。
でも、あんまり知られていませんね。

そういえば、ずっと前の「泣き歌」で「笑って笑って」が紹介されてましたね。
その回は見てなかったのですが、あの歌は本当いい歌。

終野は奥華子さんが好きです。
書く歌詞が等身大というか、共感しやすいので好きです。
涙をほろりと誘う歌が多くて、昔、失恋したときによく聴いてました。

「楔」も好きだなー。もちろん失恋ソングです。

『抱き寄せて 私の胸に 子供のような貴方の髪を撫でたい
 もう横で笑う事も もう横で眠る事も もう名前呼ぶ事さえ出来なくなるの』

終野は、「楔」が一番お気に入りです。

脱線してましたね(笑)
今回紹介する『あなたに好きと言われたい』は、叶わない恋のうたです。
歌詞も共感できる部分が多くて良かったです。

『追いかけて追いかけても あなたの背中の端も見えない
 ひとつだけ願えるのなら あなたに好きと言われたい』

『会えなくなるくらいなら自分の心に嘘をつくの
 ずっと傍にいたい 恋人じゃなくても』

これを、奥華子さんの歌声で歌われたら、もうお手上げ。泣かずにはいられない。
破壊力の高い歌だなーと思います(もちろん良い意味で)

素敵な歌詞なので、格納した上で反転しておきますね。
耳コピで書いたので、間違っているかもしれませんがあしからず。
本当はやらないほうがいいんでしょうね(著作権上の問題で)

ラストは今回特にお気に入りの部分を。

『会いたい ただそれだけであたしを動かしているんです』
more >>
01:37 | お気に入り | comments(0) | trackbacks(0) | author : 終野真冬
逆さの国のアリス
こんにちは、お久しぶりです!

私は作業中、ずっと一曲をひたすらにリピートするんですが、
最近のリピート曲は、Romaria Crusade の「メメント・モリ」

この間、たまたま秋葉原に行ったときにとらのあなで購入した、
「逆さの国のアリス」っていうアルバムの一曲です。

リズムと歌詞がお気に入りでリピート。

特に、
『首を撥ねろ それは呪文
 君を愛す それは呪縛
 言葉の裏 閉じ込められた
 想い 束縛』ってところがお気に入り。

覚えやすく、且つ、歌いやすい。
『甘い夢』も『逆さの国のアリス』も『しあわせのまほう』も好きなんですが。

というより、この頃の終野はアリスブームです。
アリスもの大好き人間です。
「ハトアリ」しかり、「逆さの国」しかり、「歪みの国」しかり。

アリスが好きなのに、劇とかで演じるなら女王様。
「似合う」って言われました。この〜〜!!
でも、きっと似合うと思います。『首を撥ねよ』って台詞。

あんまり嬉しくない。
17:55 | お気に入り | comments(0) | trackbacks(0) | author : 終野真冬
「Eternal Alice」ってタイトルがいい!
ハートの国のアリスイメージアルバム「Eternal Alice」
作業中はずっと繰り返して聞いてます。
でも、好きな曲がかかり出すと手が止まる。
あんまり意味ない。

う〜ん、全部好きなんですが、特にすきなのは
「Play by the Rules」「Star and Dance」「Correct Direction」ですね。

「Play by the Rules」は、何か全体的に暗くて好きです。
明るいアップテンポの曲も嫌いじゃないですけど、暗い曲の方が好きだな〜。

「Star and Dance」は歌いやすいし、暗いし、歌詞に色気があって好き。

「ダンスはいかが?」誘うあなた
それだけで帰してくれるの?

帰してなんてあげませんよっ!!
「ヒールを折って素足で駆けよう」の一節も好きかな?

「Correct Direction」は清雅←秀麗っぽい曲ですね。

「くだらない」って笑うんでしょう?
あなたはかしこい人で
道に迷っても上手に迷う
うしろなんか見ない、とか。

笑顔でいても誰もうけいれず
ひとりでいるの、とか。

プライドの高い清雅っぽい。
強引で高飛車で高慢。俺様、何様、清雅様っ!

なんか新しい新興宗教みたい……。

他の曲も好きですけど、この3曲が特にお気に入り。
宮田幸季さんと平川大輔さん、勝杏里さんの曲も好きですけどね。

やっぱり歌詞がいいから、好きなのかも。
インストゥルメンタルも好きだから、結局ただの音楽好きなだけかもしれませんけどね。
15:14 | お気に入り | comments(0) | trackbacks(0) | author : 終野真冬