「越えざるは紅い花 」


 越えざるは紅い花
 Operetta Due
 ¥ 5,873
 (2012-09-07)



乙女ゲームの主人公に萌えはじめて早8年。
二日かけてどうにかクリアしましたよ。

初見プレイで1ルート4〜5時間かかりましたね。
主人公も声付きでプレイしてたので多分時間かかったのかと。

終野のクリア順はトーヤ→スレン→ナラン→ルジ→セフ(1)→ノール→セフ(2)→エスタ→ウル。
セフの攻略に手こずってノールを先に攻略してしまったのですよ。
ケーキの苺は最後派だったのに!

ED数は総数22。メインキャラは純愛ルートと嫉妬ルートに途中で分岐します。
ちなみにエンドリストからは確認できず、回想から見ることになります。

トーヤ3、ノール4、スレン5、ルジ2。
ウル1、ナラン3、セフ2、エスタ2だったと思います。

スレン優遇されてないか?と思いましたが、
彼のルートはよく人が死ぬのでまあ仕方ないかなと。

このゲームも3PEDありました。
最近の18禁ゲーム普通にこういうED入れるからなー。食傷気味。

スチル数は全部で76枚。
蝶毒やった後だと少なく感じてしまうのですが、プレイ中は違和感ありませんでした。

スレン15、ナラン11、ルジ8、ノール16。
トーヤ18、セフ6、エスタとウルが1枚ずつ。
(一部3Pスチル被ってますが大体こんな感じ)

格差ひどいマジひどい。ちゃんと数えなければ良かったぜ!
ナランとセフ&ルジに枚数差ありすぎる気がします。
エスタたちには言及したくない。悲しくなるorz

体験版当時の好きキャラは、ノールとウル(出てない)でした。
そして、完全攻略後はノール、セフ、ウルが好きですね。

セフが思わぬ伏兵だった。
多分攻略した人は全員思うんじゃないかなー。やられたって(笑)

ノールは予想を裏切り結構かわいい人でした。
私の感性がおかしいのかもしれませんが、何やってもまったくもーって感じでしたね。
嫉妬ルートさえそう思ってた(脳みそぴーまん)

あと、皆さんお待ちかねのエロですが、ノールが一番変態でしたね。
それ以外は至って普通。姫様の乳とか言わないし。

体位も至って普通でしたね。
3Pルートはびっくりしましたが新境地とまではいかなかったかなー。

無理やりとか陵辱はないとは言いませんが、一部ルートだけなので回避可能です。
攻略キャラ以外のレイプなしなのでとっても安心!

システム面では、かゆいところに手の届く設計だったと思います。
ただ、攻略キャラ数の割にセーブスロット数が100と少なめだったのが残念かも。

1キャラ10スロット以上あるから十分じゃないかと思ったりもするでしょうが、
終野みたいにトーヤ(初見キャラ)に2ページ半(25スロット)使う計画性のない人間もいるのですよ。

選択肢のすごく多いゲームだから頑張って欲しかったなー。

あ、そうそうムービーもどこかに収録してほしかったですね。
フォルダに入ってるからそこから再生しろってことかしら。

つきのおまめ氏の絵が好きで購入したゲームだったのですが、次回も期待できそうです。
NOISEも検討してみようかなーと思います。全年齢かー。
最近やってないなー。

とりあえずFD期待したいとおもいます。
(定番の〆の言葉!)

※続きはネタバレキャラ感想
Continue Reading

「the Second Reproduction」

「the Second Reproduction」



今はなき、Heterodoxyの2作目。
どうしても欲しくて手に入れてしまいました。
同人ゲームなのにQuinRose豪華版みたいな高さでしたorz
情報公開当初から気にしていたんですが、1年弱ぐらい同人ゲームから離れておりましてその間に発売停止になってたみたいですねー。

まぁ、それはいいとして。

話は王女で軍人の主人公が、世界を破滅に導いている魔王退治に敵国へ潜入。
あっさり倒され、従者を人質にとられ、魔王に軟禁(?)されるといった感じ。
私の説明だと適当感満載ですが、シリアスありギャグあり、ついでに少しエロい正統ファンタジーでした。

攻略キャラは2人+αで、個別EDは5つ(多分)。
スチルは31枚(バレンタインパッチありで32枚)。

ボイスはイベント発生時には大体ついてました。主人公にもボイスありです。
イベント回想もありましたし、かゆい所に手の届く仕様でしたね。

でも、15禁。18禁コーナーにあったのに15禁。
このクオリティで18禁じゃないのが惜しい。ほんと惜しい。
あーでも、十分萌えさせてもらえたし、結果的にはよかったのかもしれないなー。

あと1個気になったところは、オプション画面で2、3ページ目から前画面に行きたいとき、必ず1ページ目に戻らなくちゃいけないところ。
画面外を押したら一発でオプションの項目画面に戻ればいいのになーと何度か思いました。
それ以外は満足。

主題歌は同人ゲームではお馴染みのencounter+。
絵師はつきのおまめ氏で豪華。
シナリオも楽しかったですし、手に入れてよかった作品でした。

Continue Reading

同人ゲーム四方山話

こんばんは、終野です。

最近まとめて文章を書く機会があんまりなくて、どんどん文章が下手になっている気がします。
サボってないでキリキリ書けばいい話なんですが、帰ってきてご飯作るともう疲れて文章書く気になれないんですよね。

私は本当は文章書くの嫌いなんじゃないかと思い始める始末。
うーん、忙しいだけだと思いたい。

最近やったゲームの話でも。


◆RIDDLE -piece of memory-



純愛系乙女ゲーム。
ひどく泣かされました。もうボロボロ泣いた記憶しかない。
アッシュが不憫すぎてやってる間ずっとつらかった。
IFのリリィのスチルマジやばかった(可愛さ的な意味で)
何書いてもネタバレ。ジレンマ。
好きキャラはアッシュ。
あと、コゼット。お持ち帰りしたくてたまらなかった。
私がママになってあげるよ!って気分。いい娘。
そして、アッシュ派はサイトに掲載されてるSSを読むことを推奨します。
私は萌え禿げたよ。アッシュ可愛いよ、アッシュ。



◆mix.



バーテンダー微糖乙女ADV。
終野はくりかさんが好みです!!
彼女の容姿が好きだなー(乙女ゲームです)
医者と大学生はあんまり萌えられなかったなー。
ツンデレと幼馴染っていう定番キャラなのに。
拓海さんは良かったですね。不器用で。
カクテルを作る部分が好き過ぎて、最初にたどり着いたのが接客ED。
レシピの知識もついて、やっていて楽しかったです。
一晩でコンプしてしまいました。やっぱくりかさん良いよ(笑)



◆おかしな国のSweet Festival!



まだコンプしてません。
それどころか恋愛EDまでたどり着いてない。
攻略に詰まってます。困った。
ショタ好きの終野としてはマカロンを早く攻略したい orz
全体的なキャラデザが好きなので、頑張って攻略するぜ。
終わったら改めて記事を書くことにします。



そんな感じでVectorで目に付いたものを適当にDLしてきてます。
インプットしないとアウトプットできないのって言い訳。
どれだけインプットすれば私は書けるようになるのだろうか。うーん。

とりあえず今は、図書室のネヴァジスタが気になっている。
シェアゲームに回すお金ができたら考えようかななんて。

さて、今日もガシガシ働きますか。

「シュガードロップ・ブレイクアウト」

「シュガードロップ・ブレイクアウト」 1000円(サイト通販)




書くのが遅れましたが、今回の夏コミは行って参りました。
最近目当てのものが出ない限りイベントは行かないんですが、ちゃんと買いに行きましたよ(笑)
戦利品です。

体験版のときから嫌な予感はしましたが、やっぱり○○もの。
二月さんの絵の柔らかい雰囲気なのか、姫が8〜9歳くらいに見えてロリコンやばいと思いましたね。
12歳でもロリコンはロリコン。権力者ってやばいね!

ロディは渡り鳥のときより数段大人びていて、どうしてメリクリウスのひねくれニムロデになったのか甚だ疑問。
理想と現実の壁にぶち当たってはっちゃけてしまったとしか思えない。

あと、デート前のロディに対するエリン先生の鬼畜っぷりには驚きましたね。
見せちゃうんだ、あれ。あんなの見たら男によっては百年の恋も冷めるよ。
あれ一歩間違えて突入しちゃったら姫の人格壊れてたよね。なんて危ない賭け。

あとは、イヴァールのキャラが好き。脇役がいいよね。
ハミルトン公爵のキャラデザも好みでした。

ジェラルドはどちらかと言うとハミルトン公爵に似てる気がする。
血のつながりはないはずだよね。よく分からなくなってきた。

ショタっ子ジェラルド、お持ち帰りしたい。超可愛い。
あ、でも、可愛いのは見た目だけで実際は怖い子でしたね。うーん。まぁそれも一興。

キャラ語りは一旦置いといて。

ED5は好きだなー。流れてる音楽も好き。
ジェラルドも超イケメン。
あーでもこれだとユノちんと会わないのか。それじゃ駄目だ。

イノセントに殺されるEDはちょっと好きかも。
私はクロエ派ですよ、お嬢さん。ED6が好きです。

TRUEEDはちょっと物足りなかった気もします。
その続きが見たいんだ!と思いましたね。
ゲームのシナリオってそう切望することが多くて、ないなら妄想といわんばかりに二次創作してしまいます。

「渡り鳥」から「シュガドロ(何て適当な略し方だ!)」に行く過程は想像がつくのですが、それからメリクリウスに続くとなるとどうしてこうなったって気分になります。
何がどうしてあんなにひねくれたんだ。いや、元々ひねくれてたのか?

ジェラルドがあんまり悪い方向に変わってないのが救いなのか。
ニムロデがあぁなった理由って他の作品で明らかになるんでしょうか。
これは次に出るのも端から端までやるしかないですね。

さて、シナリオ以外語ってませんが、システムは快適だったので語ることがないです。
ストーリーマップ形式ももう慣れました。これはこれで多視点から物語を見れて楽しいです。

絵も欲しいところには入っていてよかった。
ノベル形式で立ち絵がないのもいいものです。

音楽は、相変わらず高クオリティ。
ED5で流れた曲はさることながら、エンディング曲も素敵でした。お気に入り。

次はどんなゲームを世に出してくださるのでしょうか。
本数を重ねるごとにクオリティが上がってる気がするので、きっと面白いはず。
次はノベル以外がいいななんて思ったり。楽しみです。

「蝶の毒 華の鎖」


 蝶の毒 華の鎖 初回限定版
 aromarie
 ¥ 7,185
 (2011-05-27)



百合子ー結婚してくれ!!
の一言でまとめられそうなこのゲーム。
届いたその日にクリアしてしまいました。

1ルートは2〜3時間かかりますね。
終野は声じっくり聞かないでテキストだけ読んでいってしまうので、比較的早いのではないのかと。

終野のクリア順は、秀雄→真島→鏡子さん→藤田→瑞人→3P→斯波→真ルートでした。
真ルートは、各キャラクターのHAPPYEDを迎えないと開かないようです。
その仕組みに気づくのに結構な時間を要しましたなー。

ED数は21で、各キャラに大体HAPPY1つ、BAD2つですね。
その他に3PEDがあります。回収しにくいのは『女探偵』EDかなー。
(ちなみに、これを出さないと攻略できないキャラがいます)

スチル数は全部で196で、キャラによって偏りがあるのかなー。
パッと見、藤田が少ないですね。あと、鏡子さんは4枚ありました。
斯波、瑞人、真島は多いな気がしますがちゃんと数えてないので曖昧ですな。

期待されていた推理部分も、一部ルートを除き、ないですね。
一人でも攻略すると、真犯人は分かってしまいます。
真相に一番遠そうな秀雄を攻略したのに、真犯人分かったし、何やーって感じです。
まぁ、でも全部を通してみないと、動機は分からないです。

体験版当時の好きキャラは、瑞人と斯波さんでした。
そして、完全攻略後は瑞人ですね。

なんていうか、他ルートは大体お兄様超可哀想なんですよ。
だから、HAPPYEDのときのお兄様の幸せそうな顔見てると滾りますね!
やっと幸せになれたねーって感じ。良かったよかった。

斯波さんのルートも好きですが、それより最初にやったからか秀雄のルートが良かったです。
百合子が不幸になる確率が低いというか。主人公至上主義です、はい。

あと今回も、『真実の愛』が良かったです。
はっちゃっけっぷりが完全攻略したなーと思いました。
なんていうか、真島のツッコミにクスクス笑わせてもらいましたです。

初回特典は、「月ノ光太陽ノ影」の『真実の愛』を彷彿とさせるつくりでした。
これもこれでよかったけど、声は入っていません。脳内再生でお楽しみください。

皆さん、お待ちかねのエロですが、極端に変なのはなかった気がするなー。
体位もいたって普通でした。3Pルートはちょっと痛そう。

無理やりもキャラによってはあったけど、愛ゆえになのでOKな範囲ではないかと。
ちなみに攻略キャラ以外のレイプありです。苦手な方はお気をつけて!

雑誌で発表していた変態度、斯波は低かったですが、私は秀雄が一番低いのではないかと思います。
斯波さん、ルートによっては変態になってる気がする。
藤田、瑞人、真島は、結構なひどさでしたね。藤田 orz
でも、一番変態なのは鏡子さんやなー。鏡子さん、マジ女郎蜘蛛。

丸木さんの文章はやっぱり良いですなー。
天野ちぎりさんの絵も官能をくすぐるのにいい味だしてました。
本編出たばかりなのに、FDを所望したいです。
二人のタッグで男の人視点の物語がもっと読みたいんだ。

このゲームにもし点数をつけるとするなら、87点ですね。
「月ノ光太陽ノ影」を95点くらいだとすると、これぐらいかな。
BGMがね、「月ノ光太陽ノ影」に比べるとあってない感じがしたなー。
主題歌は素敵でした。ムービーも良かったのに回想に入ってなくてちょぴりがっかりです。

とりあえず、FDが出ることに期待したいと思います(笑)



※続きはネタバレキャラクター感想
Continue Reading

「蝶の毒 華の鎖」 体験版

アロマリエ第三作の18禁乙女ゲーム。
体験版をプレイしてみました。

絵師さんは初めて見る人ですけど、シナリオは「月ノ光太陽ノ影」でもお馴染みの丸木文華さんですね。
相変わらずゾクッとくる文章を書くお方です。
エロさという点でもう当たりゲームっぽいなぁと思います。
絵も綺麗。百合子が美しすぎて、私も争奪戦に加わりたい(*´∇`)

見た目的に好みなのは、家令の藤田。
おじさま好きとしてははずせないキャラですが、なんとその年齢37歳。
もっと年上かと思ったのになー。あと、この人肌白すぎて怖いです。

見た目は好みなのにそそらないのは、使用人の真島ですね。
彼みたいな優男は好きなのに、なぜかそそらない。うーん、声なんだろうか。

陸軍少尉は幼馴染でツンデレっていう二大萌えポイントを持っているはずなのに、何故か彼も眼中にないなぁ。
もしかしたら、斯波さんとお兄様に萌えすぎて、他のキャラに対して何も感じないのかもしれない(笑)

求婚者の斯波は、その強引っぷりがよかったです。
終野は、オレさま結構好きなんですよね。
最後のエロシーンでは百合子にメロメロでしたし、きっとそんなに悪い人じゃないと思いたい。

aromarie

そして、終野の本命は瑞人お兄様です。近親!
女たらしで働かなくてどうしようもない感じですけど、その退廃的な雰囲気に終野は惹かれるなー。
頭洗うって何? どういう風に洗うのー。超ドキドキするv

aromarie

百合子嬢はなんか三郎に手篭めにされそうですよね。
お父様の死、桔梗の花の謎、あと鏡子さんと百合プレイはできるのかと気になることだらけ。

値段高めだから、購入は全クリした人の感想見てから検討しようと思います。
あーでも予約特典ほしいな。
だって、絶対楽しいって。前作は評判悪かったですけど。

とりあえず、5月27日が楽しみです。

「Crimson Roots」



完成を楽しみにしていたフリー乙女ゲームです。
twitterでUPしたのを知ってすぐにDLしにいきました。
事前情報ほぼなしでプレイしたので、その物語の暗さに驚きました。

話は「魔女も歩けば悪魔に当たる」と同じ魔法のある世界で展開します。
記憶喪失の主人公が疑心暗鬼になりつつも、記憶を取り戻したり取り戻さなかったりするゲームです。
シリアスてんこ盛りなので苦手な方は注意。血も飛ぶし。

コンバートすれば、魔女も歩けば悪魔に当たるのキャラクターもでてきます。
そして、コンバート+αで作中に攻略がでるので、コンプリート自体は簡単でした。

システムは相変わらず快適です。
あのセーブシステムは面倒がなくていいと思いました。

EDは10種類。私は4と7が好きですね。
救いがあるようなないような、どちらともいえない曖昧な感じがいいなー。

攻略対象は2人。どちらもいいかんじ。
私は非攻略対象の銀髪さんが攻略したかったです。無理ですけど。

今回も背景は自作。スチルは45枚(内背景を含む)です。
内容が内容なだけに、前作のようなおまけゲームはありません。

面白かったので、シリアスや残酷表現が大丈夫な方はぜひプレイしてみては?

おススメ度:★★★☆☆

「Magical☆Party!!」

「Magical☆Party!!」 1500円(サイト通販)





私の大好きサークル、PARANOIA/MAXさんの姉妹サークルP/M Plusの初作シェアゲーム。
最初はメイン絵師さんが香月さんじゃないので敬遠していたのですが、体験版をプレイしたら面白かったので購入してみました。

話はそうですね、予測できるといえば予測できましたね。
なんていうか、かなたが予想通りの展開。っていうかムービーでネタバレしてますしね。

決まった順番でしか攻略できないので、お目当てキャラがエセルじゃないとちょっとヤキモキ。
私は保健医が気になって仕方なかったのでヤキモキ。
まぁ、エセルルートも面白かったので今思えばよかったかなーと。

楽しかったルートはうーん、やっぱり初見プレイのエセルですね。
敵や世界の謎などなど全然分からない状態での恋愛、ごちそうさまでした。
3段目左から1番目のスチルが大好きです。

システムは「Luna」「禁忌の双子と二人の騎士」と変わらず快適でした。
欲を言えば、体験版をプレイ済みの人がそのセーブデータをそのまま使えたらいいなーなんて。
体験版と選択肢が違ったので、それは出来ないんでしょうね。ちょっと残念。

難易度は簡単。
紛らわしい選択肢もなく、乙女ゲームとしてとても面白かったです。

攻略対象は2人+α。スチル数は35枚(差分を除く)と多め。値段相応だと思います。
全体的にほっこりするゲームでした。

IFルートの幸せっぷりときたらこちらが赤面しそうになるほど。糖度は高めです。
ファンタジーや逆ハーレムが好きな人は世界観にどっぷりつかって楽しめるんじゃないかと。
まずは体験版をプレイしてみることをおススメします。

おススメ度 ★★★★☆

※もしかしたら、サイトが消えるかもしれないので、とらのあな直通ページへのリンクも貼っておきます。

コンプリート!

前にお話した『UTM』ですが、無事コンプリートいたしました。

いやー、楽しかったです。ユナンルートが。
ユナンのCエンドがもう真エンドでいいんじゃないかと思います。
いいよね、女王様って。最高にカッコいいというか、小悪魔全快だったなー。

あと、ゼロルートのレニにズキュンドッキュンです。
なんて格好いいんだろう、この男。
セイジュと違って、愛情表現が分かりやすくて、その点もよかった。

全クリア後の好きなキャラは、初見と違い、レニとユナンです。
基本サディストのセイジュも嫌いではないのですが、その前のルートで彼に殺されすぎました。
というか、瀬名のFエンドのセイジュは黒かった……。
いや、そういう人なんだろうけどさ。それでも、びっくりだ。

エンディングは、レニのDとカイルのAですかね。
カイルのあのどこか切ない感じが好きなのです。
それと、問題のユナンのB,Cエンド。
女王様だからしょうがないんだよね。(5Pくらい)

そう言えば、『月影』でも私は遊佐さんと智也のエンドは最後に残していた気がします。
うん、頭が可哀想な自分。でも、楽しかったからいいや。

もしかしたら、『つきいろ絵本』も買うかもしれません。
というか欲しくなってきたので、頑張って予算でも組もうと思います。

過激で濃厚

こんばんは。終野です。

気づけば、もう今年も残すところ、あと2日ですねー。
寝たり、大掃除をしたり、寝たりしていたらあっという間でした。
でも、まだ本棚の整理と壁の拭き掃除が終わっていないのです。
面倒だけど、頑張ろうー♪

そういえば、一昨日から冬コミですねー。
終野は行き続けて5年目の初欠席です。
まぁ、大掃除も終わりませんし、色々と大変な時期なので諦めました。
欲しかったものは後で通販で手に入れることにしましょう。

それはいいとして、今回はゲームを一本ご紹介しまーす。

「Under The Moon」

シュガービーンズ制作、第二作めです。
今さらですが、プレイしています。
買ったのは4月なのにDVDドライブがなくて積みゲーになっていました。

以下、若干R指定なので格納します。
Continue Reading